上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全統記述

さらそう。(笑
英語151(もっと悪いと思った)
数学111(ちゃんとしろ!ちゃんと)
国語115(数学より良いってどーゆーことだ)
生物68 (3ヶ月で結構いけた)
物理44 (こら。2浪だろが)

英語は、今のままで良いとして。
数学は、一対一レベルをしっかりつぶそうと思う。
国語は、こんなもんでいい。
生物は、らくらくマスターしかしてなかったけど、今理標やってるから
つぎは、もっと良くなると思う。でも、数学とか、物理を優先。
物理は、理系標準問題集しっかりやろう。

医学部再受験の方の成績みて赤面です。「なにくそ」って思って、正しい方向に努力します
こんな悪い点数で言うのもなんだけど、今度の記述は、たたき出すよ。高得点。

突き進めー!!!

↓投票していただければありがたいです。
http://www.student-blog.com/juken/ranklink.cgi?id=henn
スポンサーサイト

波動

今月は、物理の波動ばっかりしてましたね、波動結構面白いんですよこれが。sin,cos連発ですよ。波の式。時間と、空間で、しっかりと項が分かれる定常波の式とかうなりの式は、周期の違う式が掛け算してあって
。その式が、現象をしっかり表しているのはすごいですよね。
高校の範囲で一番難しいのは、意外と波動じゃないかと。
でも、試験に直結するわけじゃないから、
「結構式変形に苦労してやったぜー!よっしゃ、模試も、これで大丈夫や!!!!!」
模試にて「この式書いて、・・・・・・・・・・うーん腹と節の間隔は、λ/2だっけλ/4だっけ式書こう。(時間切れ)」

常識的なことは、やはり覚えなくてはいけないと思います。予備校の上位の東大クラスの先生は「覚える必要なんてない」とかいいますが、たぶんそれは、そのクラスの人もまがいなりに点が取れる練習をしてきた(具体性の高い練習を。)せいで、かなり覚えてしまっていることを前提に言うのだと思います。そういう先生に習う方は、公式と言われているものは、覚えておいたほうがいいかもしれませんが、公式と呼ばれているものより、重要なものがあることを学ぶのも大事です。大学に入ってからは、そっちがメインになると思います。でも、今は、受検勉強なので、常識的なものを増やし、即答できるようにしなければいけませんよね。試験時間に書けること。=得点力

受検勉強と学問が違うとはよく言われるのは、そういうことだからだと思います。

↓のやつクリックして投票していただければありがたい。

http://www.student-blog.com/juken/ranklink.cgi?id=henn

ボクサー

自分の周りで勉強してる人があまりいないのは仕方ないなぁ。やっぱ。
宅浪だからなぁ。自分で、そうするって決めたから。それにかまけて勉強しないのはいけないよなぁ。俺以外にも医学部行きたいやつらは、いっぱいいるし。
 ボクサーみたいなもんかなぁ。受験生て。やっぱり毎日のトレーニングのおかげで、試合に勝ったりするんだよなぁ。ほかにもチャンピオンになりたいやつらはいるし。練習の量と質も考えてやるよなぁ。相手の癖も考えるよなぁ。練習試合も一所懸命だよなぁ。常に目標見据えて毎日のトレーニングに取り組むよなぁ。弱いと、引退も考えるよな。

 ボクシングジムは、学校とか、予備校みたいなもんか。宅浪って、最初の頃の矢吹ジョーみたいだ。人一倍努力した。だから、チャンピオンになった。まあ、最後は燃え尽きたけど。それでも、ボロボロになるまで闘った。
明日のジョーは、根性っぽいけどやる気出るんだよね。

 たとえようと思えばいくらでも出来るけど、長くなるのでやめときます。(笑 
 誰か勤勉な人がほしいなんて、言ってちゃだめよ、youtaさん(笑
自分の中にありますよ。引き出すんですよ。
 チャンピオンになる。

↓のやつクリックして投票していただければありがたい。

http://www.student-blog.com/juken/ranklink.cgi?id=henn

後悔

後悔するようなことはしないほうがいいな。やっぱり。
やっぱ日々の誘惑に揺るがされないようにするのが合格への近道ですよねー。
 誘惑と言えば、去年、私は、東京に住んでいたのですが、新宿とか辺りに行くとゲーセンとか、カラオケとかいっぱいあるじゃないですか。客引きも、ウザッたいほどに来るし。ん、まあ仕方ない、といえば仕方ないけど。一番困ったと言うか驚いたのが、風俗店。ん~ゲーセンの目の前にあるのってどうなのよ。あーゆーところに行ったら、堕落の一線を超えるだろうな、と思いました。まさか受験生なんかで行くやつは、あるまいと思っていたら、いました。(笑 都会で育つ人ってそんなもんなんでしょうか。でも、その人が行っているだけで、大多数は行かないと思いたいです。ま、そんなところに行っている受験生とは、一緒に頑張りたくはないですね、実際。

やっぱり都会って誘惑多いんだなぁ。
で、都会に出るなら、

確固たる目的意識を持って、

それに向かって

努力するやつは、勝つ

持っていないやつは、負ける

持っていて努力しないやつも負ける
                 


と確信しました。
医科歯科大とか東大とかいい場所もたくさんあるけど、悪い場所もたくさんあるなぁって。だから、努力するやつにとっては、いい環境。
努力しないやつには、人生下り坂の世界な気がします。

絶対に来年泣かないように、

今、後悔しないような選択をしなきゃ



↓のやつクリックして投票していただければありがたい。

http://www.student-blog.com/juken/ranklink.cgi?id=henn

一言

いわゆるドリーマーとか、夢想家の類にならない。
一つずつできることを実行。
それだけです。

↓のやつクリックして投票していただければありがたい。

http://www.student-blog.com/juken/ranklink.cgi?id=henn

下限得点

youtaさんから依頼があったのでお答えしまぁす。
下限得点(教科別に)
英語150  英語は、英作文と、長文の正答率を上げることが課題ですね。でも、英作文の方に重点おいて今は学習しています。偏差値は全統で70付近です。OP系だとわからんですが、語学なので、今は、総合力を高める勉強をし10月あたりから、大学別の勉強に入ろうと思います。

数学111  悪い。と言うか、論外だと思う。一対一を解法暗記しようとしてるけど、一浪まで、ばらばらに例題してきたから頭に入りにくくなってるんだと思うし、やる気でなくなってくる。だから、例題の下の練習問題をしている。例題が簡単なときは、練習問題だけ。でも、いちいち解いてると問題の進み具合を遅く感じるので各章の例題終わってからやるようにした。
「例題のパターンが使えないか?」という考えから、大学への数学の特集の記事の基本演習で、パターン問題は、使うようにした。簡単だけど、やっぱり解けるのはうれしい。パターンも染み付く。

国語     マーク模試だったら140。でも、過去問と傾向が違うらしい。しかも俺は、理系だから、数学頑張らないと。

化学     三科目受けれるぐらいの点数にはなってます。マーク模試は、いつも87付近。記述模試は、もう受けません。

生物     今度模試が、帰ってきたら公表します。

物理     記述55マーク70 これも論外だと思う。問題演習を増やす。

普通の医学部狙いなら、下限得点もっと高いでしょうね。

予備校の先生曰く「河合で偏差値75駿台で偏差値70超えないなら得意科目なんて言うな。大学別模試で、東大京大阪大志望者は、65~70ないとだめ」「掃き溜めみたいなるなよ」
そうなんだ。河合で75駿台で70か。険しい。掃き溜めか。泥沼にはまるのはいやだ。

やっぱり医学部は、なんだかんだで、難しいことに変わりはない。いくら和田秀樹さんとか荒川英輔さんが方法論を示したところで、それは変わらない。実行するのは俺たち。(誰でも入れるとか軽々しく使うのは、本当にやめたほうがいいと思うのよね。宣伝だから仕方ないけどさ。)
「何で医学部なの?」「看護学科じゃだめなの?」・・・。いろいろと言われれば言われるほど、「なんかわからんが医学部。」ってなってしまう。どちらかと言えば、俺は、東大に行きたい。医学部よりも東大に行きたい。研究者になりたい。ただ、医学部は、選択肢として残しておきたい。欲張って理3?それは、もっときびしぃだろ(笑
普通の医学部に行っても、物理とか学べますし。

実行。実行。

↓のやつクリックして投票していただければありがたい。

http://www.student-blog.com/juken/ranklink.cgi?id=henn

偏差値

「偏差値あげるよう死ぬ気で頑張ります。」
「とにかく頑張る」「あと1年死ぬ気で頑張れば、理3受かるかも」
・・・。

「とにかく」「死ぬ気で」その他思い付きで言うこと・・・こういう抽象的な命題や、思いつきで立てた命題に対して頑張って、受かる人はわずかだと思う。それで受かるならある意味スゴイかもしれない。

医学部を受験する=最悪の場合落ち続けるかもしれない。泥沼になるかもしれない。もう時間ない。 
っだから
模試がこうなったら、医学部受験やめる。
7月にある代ゼミのセンターで760未満 
2回目の全統記述で、偏差値68未満
2回目の全統マークで790未満
2回目の駿台で、偏差値64未満。
3回目の全統で偏差値70未満。
3回目の全統マークで800未満
最後の河合のマークで800未満
医進模試で68未満。
あと、大学別模試でD判以下だったら、その大学あきらめる。

なるべく医進模試まで耐えるように問題集をこなしていく。

数学9月までに・・・
一対一対応の演習6冊  微分積分基礎の極意

英語9月までに・・・
ドラゴンイングリッシュ  速読英単語上級編  総合問題系の問題集2冊

国語9月までに・・・
古文、元井太郎の古文読解が面白いほど出来る本と現在から読める古文
現代文、得点奪取現代文 現代文のアクセス
漢文 早覚え即答法 漢文道場

物理9月までに・・・
新物理入門3周 新物理入門読みながら、演習として理系標準問題集物理、名問の森2冊をそれぞれ2周

生物9月までに・・・
理系標準問題集生物  解説が詳しい生物1・2重要問題集

やっぱ理系だから、数学と物理を重点的に頑張ろうと思います。
普通の1日、1日の積み重ねが合格につながる。毎日改善するよう心がければ。

↓のやつクリックして投票していただければありがたい。

http://www.student-blog.com/juken/ranklink.cgi?id=henn

生物、動機、それと効率

理系標準問題集生物って問題集やり始めて一週間ぐらいたつんですけども、今までは、参考書系のばっかり読んでたせいかやっぱり問題とくことと、理解することは違うなあと、感じました。
 それと、内容を理解しなければいけない、さらに、問題を解けなければい。さらに、さらに、試験では、試験時間内に解けなければならない。ということが全然違うということもわかりました。
 んで、こういう問題集していて知識を体系的に学ぶということを少し垣間見た気がします。田部先生の生物の本の最後のまとめみたいなページが載っているんですが、この本のココは、普通のとは、全然違うんだな。ってことにきづいて、軽く驚きましたよ。いわゆる横のつながりみたいなことにも言及していて、役に立つ本だなあ、と実感しました。
田部先生の本は、知識については「大学入試はこれで大丈夫」ってぐらい書いてあるので、ぎっしりつまっていて、理解するのにはちょっと手間がかかる本なぁと特に生物2の範囲に関しては感じていたのですが、理解用に買った大堀先生の本などをつかったり、問題集を解きながらこの本を読むと、本当のよさがわかった気がします。Amazonで買ったときレビューがそんなに良くなかったのですが、そのレビューを書いた人たちよりは、この本の良さがわかって良かったなと思いました。

。。。話は変わるのですが。医者になりたい動機ってなんですか?現役のときも一浪のときも本に書いてあるようなことしかいわなかったんです。自分の言葉では、よく説明できないのです。父が医者なので、「俺も、医者になるのかなぁ。」ぐらいにしか考えていませんでしたし実際のところ。収入の安定を考えて医者になるとか、病気で苦しんでいる人を助けたいとか、世の中の人の役に立ちたいとかいう理由ではないのです。本当に、「父が医者だったので私も医者になります。」という、世間から見たら、まったく幼稚だと笑う人もあるかもしれないぐらいの理由なのです。
しかし、実際にそうなのです。ですから、医者について大して調べたこともありません。知っていることといえば、忙しく働く職業ということだけです。医者じゃなくてもそうなのに。僕は医者についてそのぐらいのことしかわからないのです。
 だけど、世の中には、僕の逆の人がいて医者についてスゴイ詳しく調べる人もいるようです。
 だけど、医者をやったわけでもないのに、変な先入観もって、医学部に行ってから「『こんなはずじゃなかったのに。』って言うよりは、マシだ」とは思っているんです。いや、むしろ「俺のほうが正常なんじゃないとすら。正常かどうかなんて、相対的なもんですけど。
 高校のとき、進路面談とかで、動機を聞かれたときに前述のとおりだったので、笑われると思い何も言わなかったら、「しっかりとした動機を持っていないと受からないぞ!」と言われました。普段から、そういう先生でした。友人も、「医者はコミュニケーションが大事だから、学校祭もちゃんと参加しろ」とかいわれました。その子は、現役で受かりましたけど。
 やってもいない職業に対して、変な先入観を言えというのか?医者だけが、コミュニケーション能力が必要なのか?下手な医者は、ダメなのか?流暢に言うのが絶対いいのか?不器用な医者はいないのか?文化祭の作業に参加することとコミュニケーション能力が絶対的な関係があるのか?彼が、自分の目標に対して、頑張っているのは、考慮したのか?(社会的にどんな意義のあることも、自分の目標に対して集中すべきときはそっちに集中するべきだと思います。)

 私の家は、「父が医者だから俺も医者」ある意味無意識なカーストかのようです。しかし、それでいいのです。周りからなんと言われようと。
 私の家では、それが秩序として成り立っているのです。
 それを考えずに言った担任は、仕方ない。知らなかっただけだ。いろんな人のいろんなバックグラウンドに思いが、及ばなかっただけだ。ただ、「何でもかんでも、自分の基準、で語るのはやめておけ」とその担任に伝えたかった。

また、話は変わる。
最近思った。俺は、そんなに「むちゃくちゃに勉強は出来ねえな。」って吉野敬介先生の本とか読んで、すごいな、って思った。俺も出来るかもって思った。でも、人それぞれ勉強の仕方は違うじゃんって思い、毎日7時間ぐらいだけど、3倍の時間に匹敵するように、毎日効率をあげるように1日を反省するようにした。17時間とか20時間する人とは、俺は違う。効率よくするために根性が要るときもあるけど。根性は否定しない、効率に従属するもんだと思う。人生を向上させるために。

俺は、俺のやり方で勝つ!

長々と書いてしまいましたけど、また勉強頑張ります。(^∀^)

↓のやつクリックして投票していただければありがたい。

http://www.student-blog.com/juken/ranklink.cgi?id=henn

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。