上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーク模試で気づいたけども、公民て、やっぱおいしい。(笑
倫理とかハマル人もいるんじゃないすかね。俺は、倫理選択なんですが、キルケゴールだとか、サルトルだとか、よく見てるよね世の中を。
感動しちゃうよね。だけど、西洋の思想家だけじゃなくて、東洋の思想家もすごいよ。
 中国には、諸子百家の時代があったんだよ、んでもって、自分の学説を売り込んで、良い国つくろうみたいな。(美しい国とか、日本の首相は、のたもうてるけども・・・)孔子とかは、大変だったみたいよ。
乱世の時代だもんね。一回受け入れられて仕官成功したけど、やめたこともあったんじゃなかったかな?あいまいですみませんが、中島敦の李陵・山月記に、収録されている「弟子」って作品に孔子が出てきた気がします。孔門十哲(孔子のお弟子さんたち)の一人の子貢という人の話ですが、面白いので、新潮文庫から出ている単行本は、読んでみるといいと思います。
 話を戻して、・・・、諸子百家の時代ですから、凡人を唸らせるような思想が、多いです。韓非子は、特に。韓非子に感動して、「これを書いた天才にあってみたい」と思ったのが、後に中国全土を統一することになる秦の始皇帝です。(韓非は、殺されますが・・・。)韓非子は、法家思想の本ですが、秦という国は、法律によって強くなった国で、韓非子のストーリーにも秦の統治者に、まつわるエピソードがありますよ。問題といていると、出会うこともあるかもしれません。
 
 大学行って時間のあるうちに読む機会があれば東洋哲学の本は、読んだほうがいいと思います。興味を持つ人もいれば持たない人もいるでしょう。きっかけがあると、読む気にもなりますよね。歴史小説よんでると、読もうかなって気になります。宮城谷昌光さんの「楽毅」というのは、面白いです。文庫本が、出ているので、一読をおすすめしまーす。

スポンサーサイト

コメント

私も倫理選択ですが、倫理は自分の興味と重なると、勉強も楽しいし
点数も伸びる、の一石二鳥ですよね。世界史や日本史とリンクする部分もあるし、
勿論受験のためだけじゃなくて、教養として偉人達の思想を知ることも
良いことだと思いますしね(^-^)

まったく同感です。(・∀・)
倫理を学んだことによって、多少なりとも、考える癖がついたかもしれません。
先人たちの思想の流れを省みるといろんなことを考える人たちがいるんだな、と感心します。
これからも頑張りませう。(^∀^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2roukoukoku.blog100.fc2.com/tb.php/7-5e3b7a39


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。